マーケットホール

マーケットホールは、かつて造船所だった場所にあり、その入り口の門はそのまま利用されています。市場は東/野菜、肉、魚の3つのホールに分かれており、南側と北側に小さなバーがあります(8軒)。新鮮な料理をお楽しみください。 営業時間:月〜土:午前8時〜午後3時住所:Calle Atarazanas 20、29005

ラリオス通り

ラリオス通りの歴史
ラリオス通りは、19世紀の建築で最も重要です。8か月間の改修を終えて、正式に再開されたとき、歴史を知る人達は1891年を思い浮かべたかもしれません。この年、この通りが完成した年、訪れる人は112年後の今日と同じようにワクワクしていたに違いありません。
ラリオス通りは1世紀以上にわたってこの州において重要な役割を果たしてきました:プロムナードとして、商店街として 、そして有名な8月のフェリアの開催地として。
このマラガで一番有名な通りは1880年、市民投票で始まりました。当時の市長はマラガ市民に問いました。いくらかの投資をカテドラルの2本目の塔にそそぐか、もしくは街の中央メインストリートに投資するべきか、と。

その結果はよく知られています。-  マラガの大聖堂のニックネームは今も「ラマンキータ」、-片腕の男。
市民はラリオス通りを選んだのでした。


1880年、マラガ市は建設会社を設立し、コンスティテゥション広場の28番の家を道(港へ続く道)を建設するための基礎としました。

個人投資家達に興味を持ってもらうため、当時の市長は実業家の家族(今現在もマラガ市に深く関係している)にこのプロジェクトをもっていきました。
Marquesde Larios家族は、通りの名前だけでなく、その他多くのプロジェクトを支援し、市内の多くの建築物の所有者でもあります。

1887年、ヒホスデラリオス社は市との契約に署名し、その建築作業の責任を負うことになりました。
条件は、4年以内に建物と通りを完成させ、4800平方メートルの土地の提供。
4年の締め切り通りラリオス通りは1891年8月27日に正式にオープンし、6年後に最初の照明が点灯しました。
今日でも存在する当初ののショップやカフェは、すぐにマラガの市民の待ち合わせ場所となりました。 歴史家は、Calle Lariosの建設を「19世紀の最も重要な建築工事」と呼んでいます
車の交通が許可され、年ごとにCalleLariosは当初の煌びやかさを失っていきました。(Sabine Schulz / Málaga Costa del Sol Nachrichten)
賛成 - ラリオス通り、人気の遊歩道、はいいアイデアであると多くが賛成しました。店主や政治家など否定的な意見はありませんでした。狭くて詰まった交通網は広い大通りに変身しました。
これにより、隣接する企業は新たなるチャンスを得ました。この観点から、進歩的かつ不可欠なプロジェクトが始まりました。-いつか旧市街全体が歩行者専用区域にする。そのために、ラリオス通りは以前のキャラクターを変更する必要はありませんでした。
左右の由緒ある上流階級の外観そのままで。 しかし何よりも、他所で見られるような「近代化」が行われなかったのは、市民の良い趣味によるものでしょう。
通りの始まり部分の海の広場、グアダルメディナ川の公園…..フランツィスコデラトーレ市長が初日、誇らしげに「現実は私たちの期待をはるかに超えています」と言いました。
「通りの再設計は、旧市街全体の交通を整えるために重要なのです。」平日16,000〜17,000台の交通量でした。

90人の近所の人達と店主や企業主たちは数週間の試用期間を設けました。
そして、22時から8時まで走れることにしました。
外観を保つため、屋根とマキーゼを取り除き、汚らしいテラス用の家具を禁止しました。
そして、魅力的な床となりました。アリカンテ産クリーム色の大理石です。灰色のものとトラバーティーノロホはアルメリアから来ています。
灰緑色の大理石はグラナダのシエラエルビラから採掘され、緑色のストライプ入り大理石は装飾のためインドから輸入しました。ランタンは1891年の元の形から鋳造しました。
地下にはケーブルとパイプの75倍の絡まりがありました。すべての作業は以前のマーケットプレイス、プラザ デ ラコンスティトゥシオンでなされました。
ヤシの木やオレンジの木がまた輝きを加えました。

しかし、旧市街はそんなに平和ではありませんでした。その背後には波乱に富んだ歴史があるのです。
「ラリオス」でのマーチ、デモ、パレード、戦いや祝典は、この都市の歴史なのです。
時には舞台も設置されました。
1891年に開業したとき、裕福な居住者、とりわけイニシエーターであるマルキス デ ラリオスは祝日の馬車のパレードを開催しました。
基調講演者全員が発言した後、港のマリーナ広場から通りに移動し、装飾されたバルコニーから何千もの花が投げ入れられました。
突然何かがおかしくなりました:式典パーティーに参加できなかった市民らがゴミや汚物など車や乗客の上に投げ始めたのです。馭者は鞭で対抗し、馬は逃げ去り、乗客とお供は家に逃げなければなりませんでした。ただ奇跡によって、血が流れることはありませんでした。祝賀会は、驚きに終わり、国のマスコミが皮肉なコメントを残したのでした。

プラザ マヨール

プラザ・マヨール」は、マラガ州最大のショッピングセンターです。マラガ市の西、N-340号線のパラドール・デ・ゴルフの向かいに位置する28,000平方メートルのショッピングセンターは、マラガとその周辺地域の住民にショッピングや外食だけではない楽しみを提供しています。近隣にはイケアもオープンしています。大規模なレジャー施設「マヨール広場」は遊園地のように設計されており、白塗りの家々、テラス、噴水、ヤシの木でアンダルシアの村のようにデザインされています。20の映画館、20のボーリング場、ディスコ、フィットネスセンターなどがあり、ショッピングセンターでのレジャーにもお客様を魅了しています。プラザ・マヨール」には合計108のショップとレストランがあり、73の小売店と35のレストラン、バー、カフェテリアが入っています。

増築オープンは2020年2月。プラザ・マヨール」に隣接している高級デザイナーズアウトレットが増設されています。ここでは100以上の国際ブランドが低価格(最大70%安)で手に入ります。アウトレットの詳細はこちらからご覧いただけます。
https://www.mcarthurglen.com/outlets/de/es/malaga/

ショッピングセンター「プラザ・マヨール」は毎日午前10時から営業しています。ショップは午後10時に閉店し、日曜日はレストランやカフェテリアは午前0時、金曜日と土曜日は午前0時に閉店します。

場所 C. アルフォンソ・ポンセ・デ・レオン、3-6、29004 マラガ
インターネット: https://www.plazamayor.es/en/

ショッピングセンター

Vialia:マラガ駅隣接のショッピングセンター。 インターネット:http://www.vialiamalaga.es/
Larios Centro:ソリダリダード広場5; インターネット:https://www.larioscentro.com/
El Corte Ingles:Calle Hilera 8; インターネット:https://www.elcorteingles.es/centroscomerciales/es/eci/centros/centro-center-comercial-malaga
ロサレダショッピングセンター:Av。LuisBuñuel、14インターネット:http://www.centrocomercialrosaleda.com/
Malaga Plaza:ラモタ14のアルメンジュアルストリート。 インターネット:http://malagaplaza.com/
マラガノストラム:ハエン通り、nº1; インターネット:https://pcmalaganostrum.com/
Pier1:マラガ港、マヌエル・アグスティン・エレディア7世。 インターネット:https://www.muelleuno.com/

Malaga バーとレストラン
0
Shares