マラガであるべき10の理由

1.   コスタデルソルの中心都市

2.   ミュージアムやカルチャーの中心

3.   グルメ料理の中心

4.    たくさんの人が集うナイトライフ

5.    最もラングエッジスクールの集まる都市 

6.    ヨーロッパの南方でもっとも暖かい気候

7.   アンダルシアの産業の中心

8.    300以上の直行便

9.   ピカソやアントニオバンデラスの誕生した都市

10.  ヨーロッパで最も古い都市のひとつ

Malaga

コスタデルソルの中心都市

旧市街

ピカソ

要塞

ミュージアム

ローマ劇場

カテドラル

ハマム

Top 10

フェリア

植物園

ショッピング

バー&
レストラン

ナイトライフ

クリスマス

マラガ 旧市街

マラガはアンダルシアで2番目に大きな都市でコスタデルソル(太陽海岸)へのゲートとなっています。フェニキア人やローマ人によって始まり、西ゴート族、ローマ人、モーリア人、イベリア人などが住み着きました。ピカソやアントニオバンデラスが生まれています。モーリア人の当時マラガは大変な意味を持ちました。市内および周辺の歴史的遺跡は、この偉大な過去を証明しています。美しい田園風景、長い海岸、ロマンティックな山々に加え、多くの絵になる町や村。旧市街はマスタープランによって大きく改装工事が行われ、伝統的スペインの残る都市として、ますます観光客を引き付けています。35のミュージアムがあり、今も増加しています。大小合わせてスペインで最もミュージアムの多い都市となりました。
文化的価値の高いイースターに行われる「セマナサンタ」や、8月のフェリアなどは毎年数百万の観光客が訪れます。
グルメには旧市街のタパスを渡り歩く「タパスツアー」なども有名です。
マラガには2つの要塞があり、上方、下方とも素晴らしい風景が見られます。エレベーターで昇ることもできます。下方は旧市街から入ることができます。
2012年からはハーバー「Muelle Uno」がオープンし、レストランやショップで賑わっています。

オープンアワー

1月-2月:毎日午前10時から午後6時まで営業
3月-6月:毎日午前10時から午後7時まで営業
7月-8月:毎日午前10時から午後8時まで営業
9月-10月:毎日午前10時から午後7時まで営業
展示室は、博物館が閉まる10分前に空けなければなりません。 展示室は、博物館が閉まる10分前に空けられます。 クリスマスの特別営業時間:12月24日と31日、および1月5日:午前10時から午後3時まで
12月25日、1月1日、1月6日:休業

ミュージアム

マラガには38以上ものミュージアムが存在します。そのためミュージアム都市としても発展してきており、次々と新しいミュージアムがオープンしています。 マラガ旧市街はスペイン国内でも指折りのミュージアム密集地です。

ピカソミュージアム マラガ (Calle San Agustin, 8) 155以上の20世紀の巨匠作品。 火-木/日 10:00-20:00 Uhr; Fr/Sa 10:00-21:00
ピカソの生家: (Plaza Merced, 15)ピカソ財団所有。写真や書類などマラガ出身の画家の生活がしのばれます。
ポンピドゥーセンター マラガ: Pasaje Doctor Carrillo Casaux, s/n Muelle Uno, Puerto de Málaga;  月,水-日 09:30-20:00
ロシア美術館 サンクト ペテルスブルグ: (Avenida Sor Teresa Prat 15 29003 Málaga), ロシアの有名ミュージアムからの作品。 火-日: 09:30-20:00
美術館:(サンアグスティン通り、6)美しい宮殿の建物(ブエナビスタ宮殿)にあり、ムリーリョ、ズルバラン、アロンソカノの作品を展示しています。
ローマ劇場解釈センター:(C / Alcazabilla、s / n 29015マラガ)、
ミュージアムオブポピュラーアーツ:(Museo de Arte y Costumbres Populares; Pasillo de Santa Isabel、10)は、マラガの中心部にある17世紀の建物にあります。民族学博物館は日常生活を見せています。午前10時から午後1時/午後4時から午後7時まで営業土曜日の午後と日曜日は休業しました。
司教区博物館:{(オビスポ広場、1)宗教芸術の重要な作品、特にニーニョ・デ・ゲバラとピエトロ・ヴァンヌチによる。
現代美術館:{Calle Alemania)かつての卸売市場。広範囲に再建されました。入場無料、午前10時から午後10時まで月曜日は休みました。
インタラクティブミュージックミュージアム(MIMMA):(Plaza de la Marina)ミュージアムは、メインのショッピング通りCalle Lariusの入り口にある駐車場の隣/駐車場にあります。 300以上の楽器を収容しています。入場無料
自動車博物館:(Avenida Sor Teresa Prat 15)古いタバコ工場に新しくオープンした博物館には、90台の歴史的な車の印象的なコレクションがあります。午前10時から午後7時まで営業、月曜日は休業
カルメンティッセン博物館:(プラザカルメンティッセン(Calle Compania 10));マラガの歴史的中心部にある、13世紀から19世紀までのヨーロッパの古典からの絵画が展示されている、マラガの博物館の風景の中にある新しい「ハイリグス」の1つ。有名なマドリード博物館の支店。午前10:00から午後8:00まで、月曜日は休みドールハウス博物館:(Calle Almos 32)、ミニチュアドールハウスのコレクション。午前11時〜午後1時30分および午後5時30分〜午後8時
カテドラルミュージアム: (Calle Molina Lario 9); 彫刻、海外、マニュスクリプト; 10:00 - 18:45 Uhr; 日曜休業
Museo Revello de Toro: (Calle Afligidos 5); 2010年のオープンしたマラガ出身画家のコレクション. オープン時間は季節によって変わります。
インタラクティブ 産業会館: (Avda. Luis Bunuel 6); 70を超える機械、視覚、電気などの実験展示。学生向け; 17:00 - 20:00 Uhr
マラガフットボールクラブ: (Paseo Martiricos); 月-水: 10:00-14:00 Uhr, Do-Sa: 10:00-19:00 Uhr 
航空博物館: (Avda Comandante Garcia Morato 81); 航空機、モデルや空港。空港近く。; 月-土: 10:00 - 14:00; 水: 17:00-20:00 Uhr 
フラメンコミュージアム Juan Breva: (Calle Ramon Franquelo 4); 入場無料; 10:00 bis 14:00 オープン, 月曜定休
マラガミュージアム: (Avenida de Europa 49), Aduana城はイースターのために改築 (セマナサンタ):(Calle Muro de San Julián 2); Mo-Frei: 10:00-14:00; 16:00-18:00 Uhr; Sa: 10:00-15:00 Uhr
コミュニティ ミュージアム: (Paseo Reding 1);1999年にオープンしたマラガ市所有のミュージアム。毎日オープン。 10:00-15:00、17:00-21:00
グラスとクリスタルミュージアム: (Plazuela Santísimo Cristo de la Sangre 2), ピカソ、ティッセンミュージアム同様、マラガで人気のミュージアム。
10:00 から 19:00 オープン。月曜休業。
ワインミュージアム (Plaza de los Viñeros 1); ワインに関するものすべてとワインの伝統。月:-金: 12:00-14:30, 16:30 -19:30 Uhr 
闘牛ミュージアム (Paseo Reding 8,闘牛場の中);闘牛用スーツ、闘牛写真などの展示  10:00-13:00 , 17:00-20:00
Museum Jorge Rando: (Calle Cruz del Molinillo 12, 29013 Málaga), マラガの絵画
アルカサバの考古学展示 (Calle Alcazabilla 2, 29012 Málaga)
インフォメーションセンター Burg Gibralfaro: (Camino de Gibralfaro, 11, 29016 Málaga)
Lagar de Torrijos Ecomuseum:(ディセミナドカサフォレスタルトリホス、第1カレテラデルコルメナー(Parque Natural de los Montes deMálaga)29193マラガ)
ブラザーフッド博物館「エスペランサのchi旋門」エストゥディアンテスのコフラディア美術館;(Calle San Jacinto 3、29007Málaga)
サントセパルクロ博物館とサンタマリアデラヴィクトリア大聖堂:(Plaza Santuario、s / n 29012Málaga):
ローリング-MUSEUM
Aのミュージアム「アウラデルマール」:(Palmeral de las Sorpresas、Muelle 2、Edificionº2. Puerto deMálaga29001Málaga)
ブラザーフッド博物館「コフラディアデラエクスピラシオン」:(Plaza Enrique Navarro 1、29002Málaga)
ジェラルドブレナンハウス:(Calle Torremolinos、56、del distritomalagueñode Churriana、29140 Churriana。Málaga)
ラアラニャ遺跡:(C / Escritor Aguirre、s / n Barriada de laAraña、29017Málaga)、事前通知のみ
Máーウィークミュージアム:マラガ:(Calle Muro de sanJulián2、29008Málaga)

マラガお勧めTop10

1. タパスツアー ( "Lo Gueno", "KGB", "El Pimpi", Bodega "Antigua Casa de Guardia" + 他にもたくさん...) 
2. ピカソ  (ミュージアム + 生家) 
3.港のプロモナード Muelle Uno + Dos 
4.要塞 (アルカサバ + ジブラルファロ城)からのマラガの景色
5. ショッピング (旧市街:靴や服 + マーケットホール; プラザ マヨール)
6. El Palo: マラガ東部の昔の漁師町。
海岸沿いに席をとり、魚料理を楽しむ。 (例: "El Tintero")
7. 植物園 La Concepcion
8. ハマム: アラビア式入浴
9. バギーマラガによる、息を飲むようなパノラマツアー
10. ミュージアム (35軒以上のミュージアム)

セマナサンタ

Video セマナサンタ

マーケットホール

マーケットホールは、かつて造船所だった場所にあり、その入り口の門はそのまま利用されています。市場は東/野菜、肉、魚の3つのホールに分かれており、南側と北側に小さなバーがあります(8軒)。新鮮な料理をお楽しみください。 営業時間:月〜土:午前8時〜午後3時住所:Calle Atarazanas 20、29005

ラリオス通り

ラリオス通りの歴史
ラリオス通りは、19世紀の建築で最も重要です。8か月間の改修を終えて、正式に再開されたとき、歴史を知る人達は1891年を思い浮かべたかもしれません。この年、この通りが完成した年、訪れる人は112年後の今日と同じようにワクワクしていたに違いありません。
ラリオス通りは1世紀以上にわたってこの州において重要な役割を果たしてきました:プロムナードとして、商店街として 、そして有名な8月のフェリアの開催地として。
このマラガで一番有名な通りは1880年、市民投票で始まりました。当時の市長はマラガ市民に問いました。いくらかの投資をカテドラルの2本目の塔にそそぐか、もしくは街の中央メインストリートに投資するべきか、と。

その結果はよく知られています。-  マラガの大聖堂のニックネームは今も「ラマンキータ」、-片腕の男。
市民はラリオス通りを選んだのでした。


1880年、マラガ市は建設会社を設立し、コンスティテゥション広場の28番の家を道(港へ続く道)を建設するための基礎としました。

個人投資家達に興味を持ってもらうため、当時の市長は実業家の家族(今現在もマラガ市に深く関係している)にこのプロジェクトをもっていきました。
Marquesde Larios家族は、通りの名前だけでなく、その他多くのプロジェクトを支援し、市内の多くの建築物の所有者でもあります。

1887年、ヒホスデラリオス社は市との契約に署名し、その建築作業の責任を負うことになりました。
条件は、4年以内に建物と通りを完成させ、4800平方メートルの土地の提供。
4年の締め切り通りラリオス通りは1891年8月27日に正式にオープンし、6年後に最初の照明が点灯しました。
今日でも存在する当初ののショップやカフェは、すぐにマラガの市民の待ち合わせ場所となりました。 歴史家は、Calle Lariosの建設を「19世紀の最も重要な建築工事」と呼んでいます
車の交通が許可され、年ごとにCalleLariosは当初の煌びやかさを失っていきました。(Sabine Schulz / Málaga Costa del Sol Nachrichten)
賛成 - ラリオス通り、人気の遊歩道、はいいアイデアであると多くが賛成しました。店主や政治家など否定的な意見はありませんでした。狭くて詰まった交通網は広い大通りに変身しました。
これにより、隣接する企業は新たなるチャンスを得ました。この観点から、進歩的かつ不可欠なプロジェクトが始まりました。-いつか旧市街全体が歩行者専用区域にする。そのために、ラリオス通りは以前のキャラクターを変更する必要はありませんでした。
左右の由緒ある上流階級の外観そのままで。 しかし何よりも、他所で見られるような「近代化」が行われなかったのは、市民の良い趣味によるものでしょう。
通りの始まり部分の海の広場、グアダルメディナ川の公園…..フランツィスコデラトーレ市長が初日、誇らしげに「現実は私たちの期待をはるかに超えています」と言いました。
「通りの再設計は、旧市街全体の交通を整えるために重要なのです。」平日16,000〜17,000台の交通量でした。

90人の近所の人達と店主や企業主たちは数週間の試用期間を設けました。
そして、22時から8時まで走れることにしました。
外観を保つため、屋根とマキーゼを取り除き、汚らしいテラス用の家具を禁止しました。
そして、魅力的な床となりました。アリカンテ産クリーム色の大理石です。灰色のものとトラバーティーノロホはアルメリアから来ています。
灰緑色の大理石はグラナダのシエラエルビラから採掘され、緑色のストライプ入り大理石は装飾のためインドから輸入しました。ランタンは1891年の元の形から鋳造しました。
地下にはケーブルとパイプの75倍の絡まりがありました。すべての作業は以前のマーケットプレイス、プラザ デ ラコンスティトゥシオンでなされました。
ヤシの木やオレンジの木がまた輝きを加えました。

しかし、旧市街はそんなに平和ではありませんでした。その背後には波乱に富んだ歴史があるのです。
「ラリオス」でのマーチ、デモ、パレード、戦いや祝典は、この都市の歴史なのです。
時には舞台も設置されました。
1891年に開業したとき、裕福な居住者、とりわけイニシエーターであるマルキス デ ラリオスは祝日の馬車のパレードを開催しました。
基調講演者全員が発言した後、港のマリーナ広場から通りに移動し、装飾されたバルコニーから何千もの花が投げ入れられました。
突然何かがおかしくなりました:式典パーティーに参加できなかった市民らがゴミや汚物など車や乗客の上に投げ始めたのです。馭者は鞭で対抗し、馬は逃げ去り、乗客とお供は家に逃げなければなりませんでした。ただ奇跡によって、血が流れることはありませんでした。祝賀会は、驚きに終わり、国のマスコミが皮肉なコメントを残したのでした。

プラザ マヨール

Plaza Mayor"はマラガ地区において最も大きなショッピングセンターです。N-340そばのParador de Golfの向かい、マラガの西に位置しています。
28.000 平方メートルの大きさのプラザにマラガや近郊からショッピングや食事、映画などを楽しみにたくさんやって来ます。
IKEA もオープンし、この大きな街 "Plaza Mayor" は楽しめるものが集まっており、街の雰囲気を典型的アンダルシアの村風の建物、家、テラスや噴水、パームツリーで飾られています。 20の映画館、 20のボーリングセンター、ディスコ、フィットネスセンター、108のショップ、レストランがあり、73軒の小売店、30軒のレストラン、バー、カフェテリアがあります。
建設には約5億五千万ユーロの費用がかかっていますが、約1.050もの雇用が創出されています。
"Plaza Mayor" は毎日10時から夜23時まで営業しています。レストランやカフェテリアなどは24時まで営業しています。
(一部 「Cost del Sol Nachrichten」より)
 Calle Alfonso Ponce de León; Internet:

ショッピングセンター

Vialia:マラガ駅隣接のショッピングセンター。 インターネット:http://www.vialiamalaga.es/
Larios Centro:ソリダリダード広場5; インターネット:https://www.larioscentro.com/
El Corte Ingles:Calle Hilera 8; インターネット:https://www.elcorteingles.es/centroscomerciales/es/eci/centros/centro-center-comercial-malaga
ロサレダショッピングセンター:Av。LuisBuñuel、14インターネット:http://www.centrocomercialrosaleda.com/
Malaga Plaza:ラモタ14のアルメンジュアルストリート。 インターネット:http://malagaplaza.com/
マラガノストラム:ハエン通り、nº1; インターネット:https://pcmalaganostrum.com/
Pier1:マラガ港、マヌエル・アグスティン・エレディア7世。 インターネット:https://www.muelleuno.com/

バーとレストラン

マラガの特徴のひとつとして、数えきれないほどのばーやレストランカフェなどがあげられます。(約1000以上)バーが始まるのはほとんどの店で21時からです。それ以前に行くと席が取りやすいです。あちらこちらのバーをはしごしてタパスをつまむのは本当に楽しいものです。アンダルシアの魂を感じます。これはマラガを訪れる人すべてに試していただきたいものです。この数年でいくつかルーフトップバーが出現し、上空から街や港やアルカサバなど眺められます。ここでマラガのレストラン、バーなどの評判を調べられますよ。

LO GÜENO

行きつけのタパスバー "Lo GÜENO"
このタパスバーは1967年よりC/. Marin Gracia 9で営業しており、マラガでも1.2を争うメニューの多さです。


Tel.: 952223048.

バーでもテーブル席でも雰囲気は抜群。またたくさんのマラガワインを揃えており、楽しむことができます。最近カテドラル近くに2号店がオープンしました。肉専門で
"Meson Lo Güeno"という看板を掲げています。

"ANTIGUA CASA DE GUARDIA"

ボデガ「Antigua Casa de Guardia」はマラガの施設です。ここにはアンダルシアとマラガのワインしかありません。ここだけの雰囲気を楽しんでください。
1840年に設立されたボデガでは、マラガワインを楽しむことができます。施設は100年を超えています。価格は非常に手頃です(3ユーロ未満)。食べ物はなく、バーは地元の人にとても人気があります。

Ort: Alameda Principal nº 18

EL PIMPI

ここの壁には訪れた多くの有名人 (トニーブレア、アントニオバンデラス、ジョン マルコビッチ、ピカソの子孫など)の写真が飾られています。
バーといい、緑をあしらった小さい中庭などとても雰囲気がいいです。

 "El Pimpi"はピカソミュージアムの近くにあります。

屋上バー

マラガには少なくとも10以上のRooftopbarsがあり、すばらしい景色が楽しめます。
お勧めの3軒です。

Alcazaba Premium Hotel: Spectakulare Aussicht auf die Burg Alcazaba, Antonio Banderas Apartment und das römische Theater: 
Ort: Calle Alcazabilla, 12

Hotel Molina Lario: Panorama Sicht über die gesamte Stadt, den Hafen, die Kathedrale und die Berge
Ort: Calle Cortina del Muelle 1

La Terraza De Valeria: Aussicht auf den Hafen und den Plaza de Marina. Hat eine große Chillterrasse mit großen Liegen.
Ort: Plaza Poeta Alfonso Canales, 5

0
Shares